測量の意味や測量法について解説。

測量の意味とは?

測量とは、地表の地点間の幾何学的な関係位置を決定または地上に表示する作業,地表の状況の形状,面積,体積を決定または作図する作業をいのことです。

日本の測量法では土地の測量のことを意味します。地図の調製および測量用写真の撮影を含むもので、地表または土地は,水中,地中,空中など測定の対象になるすべてのものを含みます。

測量学の内容は、測量用器械器具の構造と使用法,野外での測量作業の方法,測量結果の処理と精度の調査,測量結果に基づく作図方法の範囲まで渡ります。

測量の種類

地球をふくらみをもった曲面として取り扱う測地測量(=大地測量)と,ふくらみを考慮せず平面として取り扱う平面測量(=小地測量)に大きく分けられます。

また,三角測量,基線測量,多角測量,水準測量,天文測量,平板測量,写真測量と隔測(=リモートセンシング),地図編集に分かれます。測量機買取サイトに、これらの測量を行う機器が発売されています。

目的は、陸地測量,地形測量,土木測量,地籍測量,深浅測量,海岸測量,港湾測量,水路測量,森林測量,農地測量,鉱山測量,トンネル測量,市街測量,運河測量などがあります。

測量法とは?

測量の制度を定めた法律です。測量実施の基準,重複排除,精度の確保,測量成果の公開,各種測量の調整および測量制度の改善発達に資することを目的として昭和 24 (1949) 年法律 188号として制定されました。測量法の適用を受けるものは基本測量と公共測量で,対象は土地の測量です。地図の調整と測量用写真の撮影を含んみます。

基本測量はすべての測量の基礎となる測量で,国土交通省国土地理院で行っています。基本測量と公共測量に従事する技術者は、測量士または測量士補として登録された人である必要があります。

測量法制定後,国土開発事業の進展や経済成長などに伴い民間測量業者が増加し,測量業の適正な運営と健全な発展をはかるため 1961年に法律の一部が改正され,基本測量または公共測量を請負って実施する者は測量業者として登録された者に限られることになりました。

またほかの解説では、測量法とは、国・公共団体が費用の全部または一部を負担ないし補助して実施する土地の測量またはこれらの測量の結果を利用する土地の測量について,その実施の基準および実施に必要な権能を定めるとともに,測量業を営む者の登録の実施,業務の規制を行う法律(1949公布)。陸地測量標条例(1890公布)に代えて制定された。国土調査法,土地収用法,土地区画整理法などに特別の定めがある場合を除き,土地の測量について適用される基本的な法律である(2条)と解釈されています 。